CATEGORY ニュースと意見

放送局OB、OGが臨時災害FM局支援チームを発足 ベテランの力で被災地に生活情報を提供

   大地震など大規模災害の発生時に、被災地に開設される臨時災害FM局の立ち上げを支援するボランティアチームが、放送局のOB、OGらによって編成され、メンバーらが6月18日、関西プレスクラブで記者会見を行った。  臨時災…

報道展「平成から未来へ」は5月23日閉幕しました。多くのご来場ありがとうございました。

   関西プレスクラブの発足25周年を記念して5月17日から開催していました報道展「平成から未来へ」は、23日に閉幕しました。会期中延べ3301人の方々にご入場いただき、プレスクラブ会員の新聞社、テレビ局、通信社が、平成…

報道展「平成から未来へ」5月17日から富士フイルムフォトサロン大阪で開催 関西プレスクラブ発足25周年

 関西プレスクラブは発足25年を記念し、平成時代31年間の出来事を会員の報道機関がとらえた写真と映像で伝える報道展「平成から未来へ」を、5月17日(金)から同23日(木)まで、富士フイルムフォトサロン大阪(大阪市中央区本…

笑福亭仁智・上方落語協会新会長を迎え新年会員交流会 「次の時代」へ向け、繁昌亭リニューアルを表明

   関西プレスクラブの新年会員交流会が1月24日、大阪市内であり、上方落語協会会長の落語家、笑福亭しょうふくてい 仁智じんちさん(66)が「上方落語 次の時代へ」をテーマに講演した。上方落語の定席、天満天神繁昌亭(大阪…

事務局発49号

 各新聞やテレビでは今年4月末の天皇陛下の譲位、改元を控え、この30年をふりかえるまとめの企画、番組がやはり目立つ。この欄で自身の平成時代を振り返ることも、お許し願いたい◆平成に入ってまだ5年目の1993年11月、関西経…

事務局発「風の電話」

 岩手県の沿岸部、大槌町にある「風の電話」を初めて訪れたのは、東日本大震災から3年後の2014年1月のことです。当時大学3回生でした。白い電話ボックスに黒電話が一つ。電話はつがっていないのですが、亡くなった遺族や友人へ受…

2018年の10大ニュース 1位は「米朝首脳会談など北朝鮮情勢」関西のトップニュースは「2025年万博 大阪・関西に決定」

関西プレスクラブは12月14日、「関西プレスクラブが選ぶ2018年の10大ニュース」を発表した。会員の報道機関30社55人、マスコミOBの個人会員26人を対象にニュース項目を募集、報道機関24社41人と個人会員5人から回…