CATEGORY ニュースと意見

事務局発53号

 新型コロナウイルスの感染拡大は冬場にさらに増勢を強め、1月7日に首都圏の1都3県に、13日には関西の2府1県など7府県に再度の緊急事態宣言が出された。コロナ禍にあって関西広域連合が機能を発揮している。 菅首相が4日の年…

2020年の10大ニュース 1位は「新型コロナウイルス禍、社会・経済に甚大な影響」 関西のトップニュースは「大阪都構想、再び否決」

 関西プレスクラブは12月11日、国内外の重要ニュースをランキングした「関西プレスクラブが選ぶ2020年の10大ニュース」を発表した。 1位「新型コロナウイルス禍、社会・経済に甚大な影響」、2位「安倍首相辞任、菅内閣発足…

インドネシアが万博出展を表明 新大使との懇談会

ヘリ・アフマディ・駐日インドネシア大使(左から2人目)との懇談(ホテルニューオータニ大阪)    11月に着任したヘリ・アフマディ・駐日インドネシア大使と関西プレスクラブメンバーとの懇談が12月10日行われ、同大使は20…

ゲストの内藤さん、松本さん、小柳さん 生の音楽を届ける喜びを発散、音楽界の苦境を訴える

 新型コロナウイルスの感染拡大で音楽イベントの中止や延期が続く中、関西プレスクラブの秋季会員交流会は、オペラ歌手の内藤里美さん(ソプラノ)と松本薫平さん(テノール)、ピアニストの小柳るみさんをゲストに迎え、「関西の未来を…

コロナ下でのプレスクラブの使命 世界共通の課題解決に向け情報発信 激変する社会の要請に応えた変革も 関西プレスクラブ理事長 扇谷英典

関西プレスクラブ理事長(産経新聞社常務取締役大阪代表)扇谷 英典  大阪で生まれ育ち、弊社では販売畑を歩んでまいりました。1994(平成6)年の関西国際空港の開港を機に、関西の情報発信拠点として発足した当クラブを運営して…

コロナ報道、検証重ねレベルアップを 「真の新しい生活様式」へ、関西がモデルに 企画委員長 宮内禎一

関西プレスクラブ企画委員長 (日本経済新聞社編集委員)宮内 禎一  2003年に「新型肺炎」と呼ばれたSARS(重症急性呼吸器症候群)の感染が拡大した際、私は発生が早かったシンガポールで取材しており、東南アジア諸国やカナ…

プレスクラブ会報を国立国会図書館に寄贈

 関西プレスクラブ会報は、2019年8月発行の第50号から、従来のB5判をA4判に大きくし題字も一新、カラーページを多くした。この会報リニューアルを機に2020年2月、司馬遼太郎氏の巻頭言「大阪とプレスクラブ」を掲載した…

新理事長に扇谷・産経新聞社大阪代表、新副理事長に島田・毎日新聞社大阪本社編集局長

 関西プレスクラブは5月21日、大阪市内のホテルで第51回理事会を開き、新理事長に扇谷英典(おうぎたに・ひでのり)・産経新聞社取締役大阪代表を選任した。理事長の藤井龍也(ふじい・たつや)・朝日新聞社常務取締役大阪本社代表…