新理事長に丸山・毎日新聞社大阪本社代表、新副理事長に松尾・読売新聞大阪本社編集局長

 関西プレスクラブは5月19日、大阪市内のホテルで第55回理事会を開き、新理事長に丸山雅也・毎日新聞社取締役常務執行役員大阪本社代表を選任した。理事長の扇谷英典・産経新聞社取締役大阪代表が5月末で任期満了となることに伴うもの。
 また、松尾徳彦・読売新聞大阪本社編集局長を、鯨岡秀紀・毎日新聞社大阪本社編集局長の後任の副理事長に選任、副理事長の小倉啓志・日本放送協会大阪放送局副局長を再任した。
 丸山・新理事長、松尾・新副理事長、小倉副理事長の任期は、いずれも2022年6月1日から2024年5月末までの2年間。
 理事会に続いて開かれた総会で、丸山・新理事長は「大変厳しい中で、扇谷理事長は定例会はじめ各活動の在り方を状況にあわせて見直し、会員の維持・拡大についても自ら動かれた。そうした姿勢を受け継いで行きたい」と抱負を述べた。
 また、扇谷理事長は「理事長としてコロナ禍の2年間だった。プレスクラブの各事業がこれまで通りにできなかったことをお詫びする。また、厳しい中にあっても、ネットでのライブ中継を活用するなどクラブ運営を進められた役員、事務局のみなさんに感謝を申し上げたい。関西からの情報発信の強化を目指し、組織としてジャーナリズム活動を続けて行くのがプレスクラブの本来の役割だと思う。非常に厳しい環境は続くが新理事長のもとで、より一層の活動の強化をお願いしたい」と、退任を前にした言葉を述べた。 

 

 
丸山 雅也(まるやま・まさや)
1960年9月生まれ。85年東京大学法学部卒、毎日新聞社入社。横浜支局長、東京本社社会部長、東京本社編集編成局次長、大阪本社編集局長、東京本社代表室長、同副代表兼代表室長、執行役員東京本社代表、取締役東京本社代表、同大阪本社代表などを経て2022年4月から現職。 



松尾 徳彦
(まつお・のりひこ)
1960年4月生まれ。84年立命館大学産業社会学部卒、読売新聞大阪本社入社。社会部、京都総局長、読者センター長、広報宣伝部長、編集局次長、編集局総務などを経て2020年6月から現職。