焼け落ちても、天平の文化空間を再構築するという、多くの人の情熱により支えられてきた

第259回 2018年8月21日

興福寺貫首
かんす

多川 俊映
たがわ しゅんえい

「明治150年の興福寺」

 興福寺(奈良市)は、伽藍の中心である中金堂の再建工事が進み、10月7日には落慶法要が営まれ、藤原不比等が創建した1300年前の姿を取り戻す。興福寺貫首の多川俊映氏を迎えて開いた定例昼食会では、7度にわたる大火に見舞われながら、その度に再建されてきた同寺の焼失と復興の長い歴史が語られた。

 多川氏は「興福寺が創建された710年(和銅3年)は平城京遷都と同じ年。藤原不比等にとっては遷都と興福寺創建はセットになった大きなプロジェクトだった」と建立の経緯を述べた。また、「大きいもので7回、小さいものを入れると実に160回もの火事を経験してきた。平家の焼打ち、盗賊の付け火、近隣からの延焼、落雷火事など理由はさまざまだった」と、興福寺の苦難の歴史を説明。「焼け落ちても、不比等の時代の文化空間を再構築するという、多くの人の情熱により、興福寺は支えられてきた。度重なる火事が『天平回帰』という流儀を確固たるものにした」と強調した。
 再建される中金堂は、江戸時代の1717年に7度目の焼失をし、明治維新を迎えた。この時、神仏分離、廃仏毀釈の動きに巻き込まれたが、多川氏は「興福寺は神仏習合を捨てることなく、この時代を乗り切った」と述べた。
 また、興福寺が創建された天平時代を表す言葉として、多川氏は「端正」(格調の高さ)「典雅」(品のよさ)「剛勁」(力強さ)」を挙げ、「天平当時の空間を、ぜひ中金堂で感じていただければと思う」と呼びかけた。(鈴木 光)